新生銀行の住宅ローン借り換えを有効活用

banner

住宅ローン借り換え後の影響

金利を低くして返済総額を少なくする、返済期間を延長して毎月の返済額を少なくするなど様々な目的があって借り換えを行うことになります。しかし借り換えの際には見落としてはならないものがあります。それが住宅ローン控除です。
住宅ローン控除を受けることによって減税を受けることができます。減税された金額は還付金として返金されるので、その金額で住宅ローンの返済を進めることもできるでしょう。
借り換えを行うと控除を受けられなくなる可能性があります。また、新生銀行で借り換えをした初年度には確定申告に行く必要が有るということも覚えておきましょう。

借り換えを行った時期も関係してきます。借り換えを行ったのが1月から10月までの場合、その年に確定申告をすることになります。そのためその年の年末に減税を受けることができます。
借り換えを11月か12月に行った場合には、借り換えた住宅ローンによる控除を受けるのが次年度からになることがあります。翌年の2月か3月に確定申告を行うことで、還付金を受け取ることができるかもしれません。住宅ローンの借り換えの時期によっては年末調整に間に合わないこともありますが、その期間の還付金は後ほど受け取ることができるので、安心しておきましょう。

借り換えを行った場合には当然今までと還付金の額が変わってくるでしょう。借り換えによって還付金が多くなったり少なくなったりするようです。年末調整に間に合う場合には以前の住宅ローンの条件で申請をすることになるでしょう。

借り換えを行った場合、確定申告を行えば次年度からは自動的に年末調整時に減税を受けることができます。会社勤めの人は確定申告に慣れていないかもしれませんが、借り換えの際には必ず行う必要があるので確認しておきましょう。
住宅ローン控除を受けている人は、借り換えの際には注意が必要です。借り換えをすると控除を受けることができなくなる場合があります。
借り換えの際には控除を受けるための条件を満たしているかを確認してから新生銀行から借り換えを行いましょう。住宅ローン控除がなくなると意外と痛い出費が増えることになるでしょう。

住宅ローンを借り換える際に控除を受けるための条件は以下のとおりです。

借り換えをした住宅ローンが、以前借りていた住宅ローンのように住宅の返済のためだと明確に判断できること。
借り換えをした新生銀行 住宅ローン借り換えの返済期間が10年以上あること。
と言った条件があります。

http://www.shinseibank.com/

確定申告と年末調整に変動

C777_kotatudeMBAtookashi500
住宅ローンを借り換える際には、返済期間が短くなっていることが多いので、特に返済期間10年という条件は満たしにくいことが多いでしょう。

住宅ローンを借り換えた際には、新規に契約した時と同じように、確定申告を行う必要があります。次年度からは自動的に年末調整時に還付金として減税を受けることができます。借り換えをした際にはかならず確定申告に行くということを覚えておきましょう。

住宅ローンの借り換えによって、新生銀行でも金利が低くなったり、返済総額が低くなったり、返済期間が短くなったりします。そういったメリットを受けるために住宅ローンを借換えるので、必ず得をすることができるかどうかという点は確認しておきましょう。
また、減税を受けている場合には新生銀行借り換えによって減税がなくなった場合についても検討しておく必要があります。

Copyright(c) 2013 新生銀行の住宅ローン借り換えを有効活用 All Rights Reserved.